■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも

■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも


■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも
デリヘルで女性を呼ぶ時には、まず最初にデリヘル店に電話をしてそのホテルに派遣することが出来るのかを確認しましょう。
ホテルの事情については、デリヘル店が一番良く把握をしているのです。
よく本番行為をすることが可能なデリヘルというのがありますが、そのような業者は完全違法行為となります。
また女の子の中には、禁止されている本番行為を金銭目当てで求めてくることもあるので絶対に承諾をしないでください。
デリヘルの女性に来てもらう時に、ビジネスホテルなどに呼ぶには問題の出てくることもあります。
ビジネスホテルによっては、宿泊者以外の人が客室に入ることを禁止していることもあるのです。

ホテル側の考えとしましては、宿泊者以外の人が客室に入室することで何かしらの事件が発生してしまうという不安があります。
そうなりますと、デリヘルの女性を、ホテルの部屋に呼べないこともあるのです。




■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないこともブログ:2021年03月22日

おれの親父は近所の息子から
「調子乗りのおっちゃん」と呼ばれている。

親父は出勤時に
登校中の児童にむかっておどけてみせる。
それが息子達のツボにはまるらしく、
みんな笑い転げるのだ。

おれは、息子の頃
恥ずかしくて仕方なかった。

ある日、道の角を曲がると
「ぐわあぁぁ」と叫びながら
倒れる親父と目が合った。

親父の目からは切羽詰った様子が伺え、
おれはうろたえた。

しかしふと前を見ると
戦隊もののおもちゃを手にした息子たちがいる。
親父は戦隊ごっこの悪役をしていたのだ。

親父の切羽詰った様子は、
いるはずのないムスメと目が合ったこと、
しかしクライマックスの悪役が倒れるシーンを
全うしなければいけないという責任感の挟間から生まれたようだ。

おれが大人になっても
親父は喜々として近所の息子と遊んでいた。

おれは親父の行動を諦めていたが、
やめて欲しい気持ちはおさまらなかった。

そんな親父が癌の告知を受けた。
本人は手術を拒んだが、幸い転移もなかったので
癌を摘出すれば短期間で治療可能、再発も無いとのことだった。

家族全員で摘出を勧め、
親父は文字通り泣く泣く承諾した。
陽気な親父が泣くのを見たのは初めてだった。

手術の日、おれは施術後に立ち会えた。
運ばれてきた親父は薄く麻酔が効き、目は半開き…
その親父の前で主治医から成功した旨が伝えられた。

ふと親父に目をやると、信じられない光景があった。
麻酔で眠っているはずの親父の手がいつの間にか布から出て、
ピースサインになっていたのだ。
その場は笑いに包まれた。

親父はいつでもどこでも
「調子乗りのおっちゃん」だった。

意識がほぼ無かろうが、
家族に大丈夫だと伝えようとして動いた手…
その温かさに笑っていたおれの目から涙がこぼれた。
■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも

■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも

★メニュー

■デリヘル:ブログを参考にして女の子を選ぶ
■デリヘル:プレゼントで女の子を喜ばせる
■デリヘル:顔出しNGでも不細工とは限らない
■デリヘル:女の子のプロフィールの見方
■デリヘル:デリヘルの歴史とプレイ内容
■デリヘル:コンドームで性病予防
■デリヘル:デリヘルは素人っぽい子が多い
■デリヘル:ホテルによっては利用出来ないことも
■デリヘル:デリヘルを利用する時にはホテルがベスト
■デリヘル:女の子と待ち合わせをしてラブホテルへ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報デリヘル情報満載クラブ