■デリヘル:プレゼントで女の子を喜ばせる

二回目以降に指名をする女性でしたら、事前にプレゼントを購入しておくと良いかもしれません。
「君とプレイするから、プレゼント買っておいたよ」と言って渡せば、きっと喜んでくれることでしょう。
今や星の数ほどデリヘル業者が存在しており、中には破格な料金設定を売りにしているデリヘル業者があります。
しかし気をつけたいのが、安かろう悪かろうということも多いので、どうせデリヘルを利用するならお金を惜しまない方が良いかもしれません。
デリヘルの女性と仲良くなろうと思っているのでしたら、女性に対してのプレゼントはかなり有効な手段と言えるでしょう。
デリヘルの女性も、普通の女性と同じで考え方に変わりは無いのです。

 

デリヘルにはプロ意識が比較的低い子も多く働いているので、プレゼントをもらうことで単純に喜んでくれることでしょう。
もちろんはじめて入った女性に、プレゼントをしたとしてもそれほどの効果はありません。

 



■デリヘル:プレゼントで女の子を喜ばせるブログ:2021年04月27日

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
ぼくは少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、ぼくは1日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見たぼくは
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から妻にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
ぼくはついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に1日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、1日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムで口をまぎらわしながら耐えた。

1ヶ月後には1日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

1日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、ぼくはこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていたぼくに、
それは喝を入れてくれた。
ついにぼくはふた月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいる女の子夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

女の子夫婦もタバコと縁を切ることができた。